Caldia-Village

There is always light behind the clouds.

*

女性側からクリスマスデートに誘うには?男性心理的にどうなの

      2016/10/20

koibito

『クリスマス』といえば本命の彼氏・彼女、もしくは気になるあの人とイルミネーションスポットやクリスマスイベントに行って楽しい時間を過ごしたい!!と考えますよね。

 

でもまだ行く相手が決まっていない、気になる相手はいるのに向こう側から誘ってくる気配が無いから誘いたいけど、どうやっていいか分からない!という女性も多いかと思います。

 

そこで、あなたの気持ちに鈍感な男子をデートに誘い出す方法をパターン別にまとめてみました!

スポンサードリンク

相手の男性とあまり会話をしたことが無くて関係性を構築できていない場合

遠慮がちな性格でなかなか接点を持てないけど、男性を好きになってしまった!なんてこともかなり多いかと思います。

 

全然しゃべった事が無いのに、気がついたらもうクリスマス目前!でもどうしていいか分からない。こんな場合はどうしたらいいのか?順を追って説明していきたいと思います。

 

◆ 相手の男性に彼女がいないかどうか確認する

まず最低限この確認は必要ですね!気になる相手に彼女がいた場合は”デートに誘う”どころの話ではないですからまずはここからです。それと相手の男性に気になる女性が特に居ないという事も確認する必要があります。

 

もしかしたら、その男性もクリスマスに自分の気になる女性をデートに誘おうと考えている可能性があります。そうなのであれば、会話をしたこともないあなたの様な女性が突然現れたところで面食らってしまうだけです。

 

自分の持っているネットワークを駆使して、その辺りの情報を徹底的にリサーチしましょう!

 

◆ まずは友達になる

今まで特に話しをしたこともない相手をいきなりクリスマスデートに誘うというのは相当ハードルが高いミッションです。女性の側から考えても、話をしたこともない男性からいきなりクリスマスデートに誘われて、OKする勇者はそうそういないはずです。

 

例えを使って考えてみましょう。恋人同士の関係になることが『優勝』だとすると、クリスマスデートは『決勝戦』のようなものです。決勝戦に進むにはその前にいくつかの試合に勝つ必要がありますよね?つまり本戦に挑む前には下準備が必要なのです。

 

最低でもあいさつは交わせる関係にはなっておきたいですね!友達になるには会話をする必要がありますが、どうやって話しかけていいか分からないという方もいるかと思いますのでいくつか例をあげてみます。

 

方法1:一番簡単なのはあいさつをして話しかけるという方法ですね。社会人なら出社時、学生なら登校した時に友達にはなしかけると思います。ただ、知り合ってある程度時間が経っているのに急にあいさつし始めるのは違和感があるかと思いますから、そういった場合は近づく状況をわざと作る事でだいぶハードルが下がります。

 

社会人であれば、相手が出社する時間に合わせて自分も出社して同じエレベーターに載るとか、同じ時間の電車に乗るなどすることで自然に近づく事ができます。

 

そこで、「よく同じ時間になりますね」といった感じで話かければ不自然さは無いでしょう。ベタな方法ですが、近づける機会が無ければこちらがその機会をつくるしかありません。それと当然ですが、あいさつはできるだけ明るくしましょう!それだけでだいぶ印象がよくなります。

 

方法2:同じ会社、同じ学校でも部署が違ったりクラスが別々だったりして接点がなかなか無いという場合ですが、大きい会社だと社内で会う機会がほぼ無かったりということもあると思います。

 

そういった場合は、友達のちからも借りて何とかして彼の行動範囲を突き止めましょう。特にランチをとる場所が分かれば一番いいでしょう。そして、ランチをとる場所で彼が見える席に座って彼の視界になるべく入るようにします。これは有名な単純接触効果というもので、何度も接触しているうちに好意度が増していくというものです。

 

もし友人を何人かだとって、彼とつながることができればその人づてに飲み会などの席をもうけてもらうというのも1つの方法です。もしセッティングできれば、一気にLINEやSNSのアカウントの交換にまで持っていくチャンスです!

スポンサードリンク

ある程度コミュニケーションがとれていて関係性がつくれている場合

相手に彼女はいないし他に好きな人もいない。直接話したりLINEやSNSでも結構連絡をとっている、という状態であればかなりハードルは低くなります。

 

1,クリスマス前に少なくとも1回は2人だけで会っておく

少なくともコミュニケーションがとれていれば、どういう人間なのかは相手も分かっていますから食事などのデートの誘いを受けても警戒される心配がありません。それに、他に気になる女性がいなくて、自分と連絡をとってくれているという事は相手もこちらの事が気になっている可能性が高いです。

 

男性はそもそも興味の無い女性とそこまで連絡をとろうとは思いません。興味が無いならさっさと話を切り上げて、他に自分のしたいことしようと考えます。

 

クリスマスまで1.2週間しか無いのであればしかたありませんが、まだ1ヶ月以上時間があるのならクリスマスを迎える前に1度だけでも食事などに行っておきたいところです。そこでの時間が楽しく過ごせれば当然つぎにつながっていきます。

 

2,仲は結構いいはずなのに誘ってこない理由

互いの関係性は悪くないのに誘ってこない理由について考えてみましょう。

 

これには主に2つの理由が考えられます。1つめは単に相手に勇気が無い。もうひとつは仕事上の都合でクリスマス当日は遊べない、もしくは仕事が入るかもしれない、ということです。

 

1つめに関して、草食系男子という言葉が生まれていることからも分かるように、押しの弱い男性はかなり多いのです。こういった人は自分が傷つく事をかなり恐れているがために、確信できない事はやろうとしません。

 

もしあなたが、相手のそういった性格を知っているのならこちらから手を差し伸べてあげましょう。想像以上にすんなりと誘いにのってきます。

 

2つめについてですが、これはどうにもしようがありません。実際そうなのかどうかは本人に聞いてみるのが一番でしょう!
素直に「クリスマスは何するの?」といった感じで聞いてみましょう。仕事が入っているのなら、「仕事」だねと返ってくるはずです。

 

3,男性は女性からの誘いを待っている!?

ちょっと情けない話ですが、コミュニケーションがとれていて関係性もいいのに男性の方から誘ってこないのは、自信が持てなくて誘う勇気が無いからです。

 

そういった男性は、相手が誘ってくれるのを待っています。気づいていないかもしれませんが、これまでのあなたとの会話の中で彼なりにアピールしていたんです。

 

普段仲良くしている女性から誘われて嫌に思う男性は1人もいません。本来は逆ですが、こういった場合は女性が勇気を出して誘ってみるとすんなりOKがもらえます。

 

まとめ

最近では相手をデートに誘うという決断ができない男性がかなり多くなっています。よく言われているように、3次元ではなく2次元の世界である程度満足できるようになってしまったというのも大きいでしょう。

 

しかし、本心では女性と遊びたいのです。そんな男性を好きになってしまったなら、女性の方から声をかけていかなければ何も進まないでしょう。ですから勇気を持てない男性に代わってぜひ女性の方から声をかけてみて下さい、きっとその勇気は実ります。

 - 生活