Caldia-Village

There is always light behind the clouds.

*

感動ポルノとは?バリバラで取り上げたステラ・ヤングも調査

      2016/09/11

79a3ba9300caf70db255c0451bca3aa8

先日の24時間テレビの裏で、NHKがかなり挑戦的な番組を放送していたことが話題となっていますが、特にその番組の中で出てきた「感動ポルノ」という言葉が印象的でした。

普段あまり聞きなれない言葉ですが、具体的にどういった意味でどんなニュアンスを含む言葉なのでしょうか。この言葉を口にしていた「ステラ・ヤング」という人についても調査しました。

スポンサードリンク

そもそも「ポルノ」とは何か?

 

“ポルノ”という言葉の語源を辿っていくと、新約聖書にまで遡ります。

 

かつての考古学者がポンペイという古代遺跡を発掘していくなかで、”性”をそのまま描いたものが、フレスコ画や工芸品の中に沢山見つけたのです。

 

そして、当時”露骨”と捉えられたこの美術品を分類するために「ポルノグラフィー」という造語を作ったのです。

 

この言葉の語源となったのが、「ポルネー」「グラフォス」です。

 

これが元となって、現在では「性的興味を掻き立てるもの」という意味を持つようになったのです。

 

感動ポルノとはどういう意味?

 

では”感動ポルノ”とはどういった意味を含むんでしょうか?

 

ここでのポルノとは元々持っている意味では使われておらず、”感動を掻き立てるモノ”といったニュアンスで使われています。

 

ステラ・ヤング氏が語った”感動ポルノ”とは健常者が障害者を使って感動コンテンツを作るための道具にしている現状を皮肉って産み出した言葉なのです。

 

なのでヤング氏は、「障害者は健常者によって消費される」と言っているのです。

スポンサードリンク

ステラ・ヤングって誰?

 

ヤング氏はオーストラリアのコメディアン兼ジャーナリストです。

コメディアンとジャーナリストという肩書きを持つ人物は日本ではちょっと見当たらないですね。かなり変わった経歴の人物です。

239311116-1421407005_l

彼女の障害は「骨形成不全症」という先天的な障害で、1歳まで生きられるか分からないと言われていたがメルボルン大学を卒業するまでになり、その後は中学校教師をしていました。

 

やがて、ABCテレビのトーク番組に出演したりTEDトークに出演し、”可愛そうな障害者”という見方を皮肉った独特な語り口がこれまでの障害者のイメージを打ち破るものだった事もあり人気を博していました。

 

彼女は2014年に32歳の若さで旅立ちましたが、TEDでの講演は今でも語り継がれる内容となっています。

 

最後に

 

NHKが今回取り上げた内容はかなりチャレンジングなものでしたね。日本テレビに対する宣戦布告ともとれる内容でしたが、これまで24時間テレビの内容に対して疑問を感じていた多くの人には「面白い!」と感じられたようです。

今回の番組が来年の24時間テレビに影響があるかどうかは未知数ですが、今までずっときていたこの流れに一石を投じるきっかけにはなるかもしれません。

 - 社会, 24時間テレビ