Caldia-Village

There is always light behind the clouds.

*

新型プリウスPHVが発売延期の理由とは?バッテリーに問題か

      2016/09/12

今年の秋に発売開始予定だった新型プリウスPHVが急遽、発売時期を冬に延期すると発表されました。

発売延期となった背景にはどんな理由があったのでしょう?プリウスPHVはトヨタにとってハイブリッドの次を担っていくと考えている車種だけに相当力を入れている事には間違いありません。

発売延期の理由はリチウムイオンバッテリーにある?

噂にでは、車に搭載されるリチウムイオンバッテリーの生産に問題が生じているのではと言われています。

 

リチウムイオンバッテリーの材料であるリチウムは希少金属(レアメタル)であり、どこでも採掘できる金属ではありません。リチウムは炭酸リチウムという形で流通していますが、炭酸リチウムの原料となる「リチア輝石」はそのほとんどがオーストラリアで生産されています。次に採掘量が多いのがカナダですが、その量はオーストラリアの1/10ほどです。その次がジンバブエ。

スポンサードリンク

以前、中国と政治的な衝突が起きて中国からのレアメタルの輸出を制限された事がありますが、中国では原石は生産していません。中国は原石を輸入して精錬し、炭酸リチウムにしています。その生産量は世界第2位ですが、1位のチリと比較すると1/3以下の生産量です。

 

ここ最近でリチウムの市場価格は去年の3倍程度に跳ねあがっていますが、世界のリチウムの4割を消費しているのが中国だと言われています。中国内では、環境汚染対策として公共のバスを電気自動車や、ハイブリッド車にしている関係でリチウム消費量が増えているのです。

スポンサードリンク

それに加えて、電気自動車大手のテスラモーターズの需要も増えているのが原因です。ここ最近発売された”モデル3”の販売が好調で、バッテリー生産工場も増やし生産量を一気に増やす計画が進んでいます。

 

それに対してリチウムの供給が追い付いていないのが現状です。北米やオーストラリアでは生産設備を増やす計画が進んでいますが、出来上がるのは1、2年後と見られているためそれまで供給不足が続くと予想されています。

 

2015年のリチウムの全世界の総需要は17万トンでしたが、2020年にはそれが28万トン以上になると見積もられていますから今後しばらくの間はリチウム不足が続くと考えられています。

 

プリウスの発売延期にはバッテリーの生産が追い付いていない事で、発売開始してもスムーズに納車が出来る状態ではない事から、少しでも混乱を避けるための対応であると考えられます。

 

まとめ

 

  • 発売延期の理由はリチウムイオンバッテリーの生産の遅れの可能性が高い。
  • 世界的にリチウムは供給不足の状態が続いている。
  • 中国国内テスラモーターズの需要増が主な供給不足の原因。

以上になります。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 - 自動車