Caldia-Village

There is always light behind the clouds.

*

ポケモンGO初心者にオススメのポケモンと技の組み合わせ

      2016/09/13

point-300x3001

ポケモンGOを始めたばかりの段階では野生で出てくるポケモンも弱く、どんなポケモンをメインで使っていけばいいのか分かりませんよね。

後になってこうしておけばもっと時間をムダにせずに済んだ…とかならないようにするために、序盤~レベル10前後になってもある程度使えるポケモン集めておくべきポケモンをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

序盤で役に立つポケモン

ヤドン

ポッポやズバットほど頻繁に出現するポケモンではありませんが、水辺や海に行けば入手できるポケモンです。序盤で比較的簡単に入手できる割には、同じCPのポケモンと比較してもHPが高くて耐久力があるので重宝します。

ヤドランに進化すれば、中盤以降でも十分活躍してくれる可能性の高いポケモンなので是非作っておきたいところです。

<オススメ技>

通常技のオススメは”みずでっぽう”、ゲージ技は”サイコキネシス”がオススメ。通常技のみずでっぽうは他の通常技と比べてもかなり優秀な性能で、DPSが20もあり”ねんりき”のDPS7.95とは比較になりません。

ゲージ技のサイコキネシスも同様にヤドンが覚える技の中で一番DPS値の高い技です。出来ればこの2つを覚えた個体を手に入れられればベストです。

 

マダツボミ

マダツボミは比較的簡単に大量に出現するにも関わらず、ウツボットまで進化させれば強力なくさタイプのゲージ技の”ソーラービーム”を覚えます。進化させるのに必要なアメ集めも集めやすいのでオススメです。

同じくさタイプではフシギバナの方がステータスは上ですが、作りやすさの面で有利です。ジムによく置かれているシャワーズに対抗するためのポケモンとしても十分使えます。

<オススメ技>

通常技は”ようかいえき”、ゲージ技は”ヘドロばくだん”がオススメ。通常技のようかいえきは単純なDPSで比較すればつるのムチに劣るのですが、この値にはようかいえきの持つ”毒”の効果が加味されていません。毒のダメージも入れるとようかいえきの方がダメージ効率は上です。

技2のヘドロばくだんもパワーウィップと比較した時にDPSが下なので使えない技に見えますが、ヘドロばくだんの方がゲージ1つの長さが短いのでゲージが早くたまります。※パワーウィップはその2倍

さらに毒の効果もあって、ダメージ効率はヘドロばくだんの方が上です。という事でこの2種類の技を持つ個体を使っていきましょう。

スポンサードリンク

ナゾノクサ

ナゾノクサ止まりでは決して強いポケモンとは言えませんが、根気強く育ててラフレシアまで進化させられればかなり強力なポケモンとして活躍してくれます。トレーナーレベルが上がった後に育てようとしてもナゾノクサ自体が入手しづらくなるので序盤から育てておく事をおススメします。

ラフレシアはウツボットの下位互換となりますが、ウツボットの代打として使う事も出来ますから是非作っておきましょう。

<オススメ技>

通常技のオススメは”はっぱカッター”、ゲージ技は”ヘドロばくだん”がオススメです。通常技はDPSで比較してはっぱカッターが一番効率が良いです。EPSで比較すると若干”ようかいえき”の方が優れているのですが、ダメージ効率ははっぱカッターの方が優れています。

ゲージ技はゲージのたまりやすさの点でもDPSからの点でも”ヘドロばくだん”が一番優秀です。

 

最後に

 

序盤は中々強いポケモンが手に入らないのでジム戦でも勝つことは難しいかもしれませんが、焦らず地道にやっていく事で後々楽になります。(図鑑コンプリートする事に関してなど)

手に入るポケモンを上手く使って楽しくプレイしていきましょう。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 - ポケモンGO