Caldia-Village

There is always light behind the clouds.

*

桐谷健太の高感度がカインとアベルの影響でガタ落ち!?

      2016/11/17

%e3%83%96%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0

カインとアベルも佳境に入ってきました。

 

前回の100億円融資の一件から、桐谷健太が演じるキャラクターがどんどんと落ちていく気配ですが、一体どこまでいってしまうのでしょうか?

スポンサードリンク

カインとアベルで桐谷健太のイメージダウン必至!?

ドラマでは、今までカンペキだった兄貴のイメージ像が崩れはじめたばかりの段階ですが、視聴者からは早くも彼のイメージダウンを心配する声もチラホラ。

 

例えドラマだと頭では分かっていても、響く部分があるとついつい気持ちが入ってしまうというのはよくある話。

 

しかし、ドラマ開始時はまさかここまで落ちていく事になろうとは思いもしなかったね。

 

ここまで哀れで嫌な人間に見えるのは、今までカンペキと言ってもいいくらい順風満帆な人生を送っているキャラクターだったからというのもあるんだろう…。

 

イメージダウンを食い止めるために、本人はツイッターで

「そういう役だからかんべんして!」

とつぶやいた方が良いのかも!?

スポンサードリンク

一方では”かわいそう”とかばう声も

 

”捨てる神あれば拾う神あり”で、この悲惨な悪役に同情する声も多数!

 

ということで、確かにこの『落ち具合』は同情したくなるレベルだと思うね。

 

いままではデキる人間として全員から思われていて、キレイな彼女もいて何不自由ない人生が1夜で一変!

父親の愛情が次第に自分ではなくて弟に向けられるようになっていき、歪んだ感情が原因で彼女との関係も悪化。

必死で守ってきた自分のプライドがズタズタ。

という哀れすぎる展開。

 

今回の役は決して愛されるキャラではないけれど、同情票をさそう演技ができれば一見不利に思えるこのドラマ出演でもファンを増やす事ができるかも?

 - カインとアベル