Caldia-Village

There is always light behind the clouds.

*

家売るオンナ第2話感想北川景子が「う0こ」発言が面白いと話題

      2016/09/12

『家売るオンナ』第2話の放送が終わりましたが、今回はかなり衝撃的なシーンもありました!

第2話の内容はビビる大木演じる引きこもりの息子を抱える老夫婦が息子のために家を探すといったあらすじでした。

相変わらず北川景子はマシーンの様な無表情ですが、その痛快なキャラクターが全く違和感なく演じられています。

 

衝撃的な北川景子のセリフ!

 

そのシーンは突然やってきました。

 

引きこもりのビビる大木に物件の購入を勧めるシーンでは、段ボールを被ったビビる大木が登場します。その段ボールに対して北川景子が真顔で説明しているシーンがすでに面白いのですが、衝撃のシーンはその後やってきます。

スポンサードリンク

ビビる大木が引きこもりになった理由を説明しているところで、その内容を北川景子がなぞるのですが、そのセリフが衝撃的だったんですね(笑)

 

引きこもりの理由は学会でう○こを漏らしたからという完全に狙った内容だったのですが、北川景子がその内容をそのままなぞるんです!

 

 

そう、北川景子がう○こ発言をするんです!!

 

 

これにはツイッターも大荒れ。

 

「人気女優になんて事を言わせるんだ!」「美女の下ネタ発言!」といったコメントが乱れ飛び、衝撃度の高さを伺わせました。

 

こんな思い切った脚本を書いた脚本家も凄いですね…。それに、こんなふざけたセリフを真顔で言うんですから面白すぎます!これは今後かなりのお宝映像になりますね(笑)

スポンサードリンク

北川景子のセリフが的を得過ぎてる!

 

後輩が電話しているその後ろで、北川景子の”微動だにしないマネキン”のようないで立ちが今回もじわじわくるのですが、それはもうテキパキを超えてもうアンドロイドのレベルです。

 

ある場面で後輩の工藤阿須加に対して、「だからお前は家が売れないんだ!」というシーンがありましたが、その気迫がかなり真に迫る感じでかなり説得力がありました。

 

ただ、顧客の老夫婦にたいしてここまでグイグイ食い込める不動産屋は現実にはまずいないでしょう(笑)いくら正論でもほぼ確実にクレームになります。

 

また、工藤が老夫婦に予算オーバーの物件を紹介した事で夫婦から「予算を伝えたはずですよね?」と詰め寄られてしまうシーンでは、不甲斐ない工藤に対して「どく!」と一言。「どく」ですよ(笑)「どいて」なら分かるんですが、そのぶっきらぼうさにも笑ってしまいました。

 

 

最後に

 

今年の7月期のドラマでは一番面白いドラマと言えるんではないでしょうか?

今回のう○こ発言はかなり貴重なシーンでしたが、次回以降にもまた衝撃的なネタが仕込まれているかもしれません。また来週の放送が非常に楽しみですね。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 - テレビドラマ