Caldia-Village

There is always light behind the clouds.

*

八反田リコとクドカンの馴れ初めと年齢と現在の仕事は?

      2016/09/17

rico002

面白い脚本と次々と出している宮藤官九郎さんですが、その奥さんについてはあまり知っている方はいないのではないでしょうか?

 

そこで、テレビなどには殆ど出る事の無い奥さんについてその馴れ初めも含めて調べてみました。その結果、予想通りというか、そうとう個性的な方だという事が分かりましたので以下にまとめました。

スポンサードリンク

簡単プロフィール

 

《 八反田 りこ 》

読み:はったんだ りこ

生年月日:6月1日

出身地:東京都

血液型:A型

身長:

趣味:カエル集め

特技:踊り

座右の銘:人生は河の流れのように

八反田リコ

 

年齢については、生まれ年の情報が見つからず残念ながら分かりませんでした。これについてはまた分かり次第追記したいと思います。

 

官九郎さんとの馴れ初めは?

 

リコさんと宮藤官九郎さんが最初に出会ったのは

 

「大人計画」

 

という劇団でした。

 

当時大学生だった官九郎さんは、大学には入ったものの気の許せる友人も出来ず本当にやりたいことも見つからず、ダラダラと大学生活を過ごしていました。

 

そんな時に出会ったのが劇団”大人計画”です。
その日はたまたま一人で観劇ていただけなのですが、その独特の世界観に完全に魅了された官九郎さんは大学中退を決意します。その、大学中退という決意の後押しをしてくれたのが今の奥さんである 八反田リコ さんだったんです。

 

リコさんは既に劇団大人計画のメンバーであったという事で2人は知り合い、決断しきれず迷っていた官九郎さんの背中を押す事になったんです。

 

現在の職業は

現在は、振付師として活躍しています。

 

また、それ以外にも時々昔組んでいたバンドを再結成し、コーラスやダンサー、ヴォーカル、フルートとしてライブに参加したりもしています。かなりのマルチパフォーマーですね!

スポンサードリンク

今まで彼女が参加していたバンドは複数あり、「ばちかぶり」や「MUITO BONITO(ムイ ボニート)」、ボサノヴァバンドの「Corcovado(コルコバード)」といったものがありました。

03

 

「ばちかぶり」というバンド名は長崎の方言「ばちかぶる」が由来らしく、”バチがあたる”という意味があるようです。実際、ライブパフォーマンスもそのバンド名に相応しくかなりライブ中にいきなり ”嘔吐” したりとかなりアグレッシブな内容だったようですね。

 

彼女の音楽のルーツ

あまり知られていませんが彼女の音楽活動は、バンド活動だではありませんでした!

 

実は彼女の音楽のルーツは1992年にありました。というのもその年は彼女のデビューシングルが出た年なのです。

 

曲名は

 

「形から入ろう」

 

八反田

作詞・作曲:八反田リコ、編曲:大庭良治

 

その他に「ぐるぐるアース」、「尊敬されたい」の2枚のシングル。加えてアルバム「たわ事所詮へのカッパ」をリリースしています。これらは全てデビューから3か月足らずの間にリリースしているとの事で、かなりのハイペースでレコーディングしていた事が想像できます。

 

ちなみにカップリング曲は全てカヴァー曲で、1stシングルが「初恋のひと」、2ndが「雲にのりたい」、3rdが「恋の奴隷」でした。

 

最後に

 

一癖も二癖もある宮藤官九郎さんの奥さんという事で、かなり謎の多いミステリアスな女性でしたね。これまでの経歴を見てみると好奇心旺盛な性格が容易に想像できますし、官九郎さんが惹かれた理由も納得できる気がします。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 - 芸能