Caldia-Village

There is always light behind the clouds.

*

ハロウィン2016オススメ仮装メイク6選今年はこれで目立つ!

      2016/09/11

日本のお祭りの一つとなった感のあるハロウィンイベントですが、一番の楽しみは『仮装』ですよね!色々な仮装がある中で人と被る仮装は出来れば避けたいところ。そこで、ここでは他と差をつけられる個性的な仮装をいくつかご紹介したいと思います。

 

インパクト系 バットマンの悪役”ジョーカー”!!

2016-09-03_15h37_54

→ジョーカー DCコミック版のメイク動画

言わずと知れた、アメリカンコミックの名作『バットマン』に登場する敵キャラ、ジョーカー。バットマンの最大、最凶の宿敵!”犯罪界の道化王子”の異名を持つ、カオスを具現化した様なキャラクターです。

スポンサードリンク

おどろおどろしいその風貌は、ゾンビなどのホラー系コスプレにも全く引けをとらないインパクト絶大なルックスとあって、周りの注目を集める事間違いなしです!

細かいシワのラインが多く、陰影を上手くつけるテクニックが多少必要ですが、一人でやる自信が無い場合は器用な友達に手伝ってもらって挑戦してみましょう。

 

クール系”ハーフスカル”メイク!

2016-09-03_16h13_55

→ハーフスカルのメイク動画

メキシコのお盆に当たる、”死者の日”を祝う仮装メイクにありそうなハーフスカルメイク。顔全体では無いので、そこまで難易度も高くありません。

メイクで個性は出しつつも、目の周りは自分の顔が残るのでアイメイクでセクシーさを出したり、可愛らしさを出したりする事も出来ます。女性らしさにパンチを加えたいという場合にオススメのメイクです!

 

怖可愛い系 ナイトメア・ビフォー・クリスマスの”サリー”

2016-09-03_16h47_46

→サリーのメイク動画

ディズニー関連の作品としても有名な『ナイトメア・ビフォー・クリスマス』物語が持っているダークな雰囲気はハロウィンにもぴったり!

顔全体のメイクにも関わらず、特に難しいパーツは無いので初心者でも十分トライできます。ポイントはサリーの大きい目と縫い目!目の輪郭は遠慮せずに自分の目と眉をぐるっと囲むように大きく描きましょう。

スポンサードリンク

小悪魔系 不思議の国のアリス”チェシャ猫”

2016-09-03_17h18_28

→チェシャ猫のメイク動画

不思議の国のアリスに登場するチェシャ猫をイメージしたメイク。元々のキャラが持っている怪しい雰囲気を上手く小悪魔系女子風にアレンジ!

上記のスカルメイクで描く口よりも、カーブを大胆に描くのがポイント。口角は目尻の延長線上に持ってくるイメージでやると上手く行きます。

他のメイクよりも使う色は多少増えますが、複雑な重ね塗りなどは無いので思ったよりも簡単です!

 

個性的系 アリスインワンダーランドの”マッドハッター”

2016-09-03_17h30_19

→マッドハッターのメイク動画

これは是非チェシャ猫とセットでどうぞ!カップルでパレードに参加するなら彼氏をマッドハッターにするのもオススメです。

一見難易度が高そうですが、メイク自体はそこまで複雑ではありません。このキャラはやはりアイメイクが勝負ですね。左右で違う色のアイシャドウを施した後に白いアイラインを入れればほぼ7割は完成です。

 

女子力アップ系 ”小鹿のバンビ風”メイク

2016-09-03_17h40_45

→小鹿のバンビ風メイク動画

ナース系やポリス系のよくある可愛い系コスプレに飽きたらこれがオススメ!猫メイクは日本でもかなり多いですが、シカメイクは日本でもまだそれほど多くはありません。周囲とは違う動物を選んで一気に差をつけましょう!

ポイント鼻筋の陰影を鼻先に向かって直線的に描く事。鼻のラインは全て直線的に描く事で動物っぽさが出ます。最後の白い斑点を適度な間隔で入れていけば簡単にバンビになれちゃいます。使う色も少ないので難易度も低めです。

 

最後に

 

いかがだったでしょうか? ここ数年でハロウィンイベントもかなり大規模なものが増えてきて仮装のレベルも上がってきているだけに、定番メイクではなかなか目立つのが難しいですよね。

今年は気合を入れて、周りがやっていないキャラクターにチャレンジしてみてはどうでしょうか?それでは2016年のハロウィンも大いに楽しんでいきましょう!

 - ハロウィン