Caldia-Village

There is always light behind the clouds.

*

【デスノート】面白すぎるリュークとPPAPコラボ動画の作者とは

      2016/11/02

面白すぎる!

ppap

このところ世界的に話題となっていたピコ太郎の動画『PPAP』をデス・ノートのリュークが歌って踊っているコラボ動画が「本家を超えている!」と話題になっている。

 

驚くのはそのクオリティの高さ!デス・ノート制作スタッフが作り上げただけに動きから表情まで、本家ピコ太郎を完全にコピーしている。

スポンサードリンク

こんな面白い動画を作った作者は一体誰なのだろうか?

今回の映画のCG制作に携わったのは、前回のデス・ノートのCG制作も担当した『株式会社デジタルフロンティア』の制作陣。

 

実際に映像制作を担当したのは土井淳氏

%e5%9c%9f%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%93

デジタル・フロンティアは前作のデス・ノートCG制作にも関わっており、その時は豊島勇作氏が製作者代表としてインタビューに出ていました。

 

今回のデス・ノートにも彼が関わっているようですが、実際の制作作業の大半を行ったのは土井氏のようです。

 

この動画の表情も中村獅童が担当?

映画本編に登場するリュークの表情は俳優の中村獅童さんの表情をモーションキャプチャして作られたようですが、PPAPコラボ動画も中村獅童さんが担当したのでしょうか?

 

これについてはハッキリとした情報はありませんが、その可能性はゼロではないでしょう。

 

ただ、ピコ太郎のPPAP動画がここまで話題になったのは最近のことなので、映像制作の予定にこのコラボ動画の制作は組み込まれていなかったでしょう。

 

その点を考えると、予算やスケジュール的にも中村さんではない誰かが代わりにリュークの表情を担当した可能性もあります。

スポンサードリンク

完成度が高くて本家よりも面白すぎる!

面白さは完全に本家を凌駕していると言えますね!

 

実際のリュークはこんなコミカルでは無いし絶対にこんなダンスは踊らないだろうと思えるだけに、オカマ踊りをしているリュークの姿と真顔で真剣に踊っている様子が完全にどツボにハマってしまいます。

 

この動画を作ろうと思った発案者と実際に制作したデジタル・フロンティアさんのセンスにはまったく脱帽です。

 

最後に

デス・ノートの新作映画の主演が東出君に決まったときには、その演技力から否定的な意見が多数でましたがこの動画のちからで興行が成功するといいですね。

 - エンタメ, 映画